内部統制報告制度への各種対応支援

内部統制報告制度に関連する業務について、上場準備企業から上場企業まで、業種・規模を問わず、多くのサービス提供実績があります。
基本的にはパッケージによるサービスですが、貴社の状況に応じて、内容を調整致します。
スポット契約によるご支援も承っております。
サービス価格表、提供実績をご案内しますので、下記「お問い合わせ」からお気軽にご連絡ください。

■新規文書化・再文書化、評価手続設計支援

・上場準備でこれから評価範囲の選定、文書化・評価手続構築が必要な企業
・IFRSの適用、新収益認識基準対応により、新規事業拠点が増加した企業
・基幹システムの入替により、再文書化・評価手続再構築が必要になった企業
など、文書化・評価手続構築が必要になった場合において、社内で誰が作業を行うのか、というリソースの課題に直面するケースが少なくありません。

そこで弊所が、最適化されたチェックリストや3点セット(業務記述書・フローチャート・RCM)を作成・提供します。
またご要望に応じて、評価実施の代行や、貴社メンバーに対するトレーニングを実施します。

■簡素化・最適化支援業務

一般的に制度対応業務は過大に実施されている傾向にあるため、弊社の支援によって「簡素化・最適化」を実現します。

・簡素化レポートの作成
貴社の内部統制評価業務について、現状の関連資料を閲覧し、過剰な部分をレポートにまとめて報告します。

・プロセス簡素化の実施
プロセス単位で再文書化・評価手続の再構築を実施し、整備・運用評価、監査法人対応を実施します。

■再構築支援

従来より制度対応を行っており、監査法人の内部統制監査は通っているものの、「社内において、業務としての再構築の必要性」を痛感している企業が少なくありません。
このような企業に対して、業務プロセスの文書化単位の見直しや文書化資料の再構築、評価方法の抜本的な見直しなど、監査法人との協議も含めて支援します。

■相談業務

制度対応を進めていくうえで生じた疑問点や不明点等について、随時必要な助言を提供します。
四半期単位でのご契約やTeamsなどのWeb会議ツールを用いた対応も実施しています。