【図解メルマガ】内部監査Q&A【#0253】

こんにちは。会計士の樋口です。
今週から図解メルマガ「内部監査Q&A」の第43シリーズをお届けします。
第43シリーズでは「内部統制報告制度の歴史と今後の改正動向」について解説します。

■当シリーズのねらい

「内部統制に関して報告を実施する制度」は、20年前に米国で導入されたものですが、その契機となったのは大規模な不正会計でした。その後、日本においても上場企業の会計や開示の不正があったことなどから、同じような内部統制に関して報告を実施する制度が導入されました。日本で制度導入後、14年程度経過してきたこともあり、現在、内部統制報告制度の見直しが検討されています。そこで当シリーズでは、制度導入の契機となった不正会計事件などを振り返りつつ、内部統制報告制度の導入からこれまでの流れ、今後の見通しについて考えていきたいと思います。
(以下略)

===
図解メルマガをご覧になりたい方は、下記「お問い合わせ」からお申込みください。