【図解メルマガ】内部監査Q&A【#0230】

こんにちは。会計士の樋口です。
図解メルマガ「内部監査Q&A」の第39シリーズ第2回をお届けします。

第39シリーズでは「会計不正と内部統制報告書」について解説します。
今回は前回に引き続き、公認会計士協会2021年7月29日に公表している「上場会社等における会計不正の動向」から、「会計不正とその動向」の解説を進めていきます。

2017年3月期から2021年3月期において、上場会社等159社の会計不正が発覚しています。
そのデータについていくつかの角度から分析をしていきます。

■会計不正の主要な業種内訳

会計不正の事実を公表した会社のうち、事業が判明しているもの(会社が分類される事業ではなく、不正が発覚した事業)について、業種内訳を見てみましょう。
(以下略)

===
図解メルマガをご覧になりたい方は、下記「お問い合わせ」からお申込みください。