【図解メルマガ】資産管理

こんにちは。会計士の樋口です。
図解メルマガ「内部監査Q&A」の第31シリーズの第6回目をお届けします。

第31シリーズでは「プロセス単位の内部監査」について解説しています。
今回は「資産の管理プロセス」についての説明をしていきます

===

■資産管理プロセスにおけるリスク

「資産管理」というと、かなり幅の広い話ですが、たとえば「有形の資産」としては製品や商品、仕掛品、原材料といった「棚卸資産」や、本社や工場の建物、社内の備品や機械などの「有形固定資産」などがあります。

会社に存在している「資産」でも、他社の在庫(預り在庫)や法律上は他社の資産(リース資産)もあります。
反対に、自社には保管されてませんが、他社で管理されている資産(消化仕入で、相手先においてある商品、協力会社へ貸し出している金型など)もあります。

資産の管理のリスクは、端的に言えば「資産の保全」がなされないことです。
(以下略)

===
図解メルマガをご覧になりたい方は、下記「お問い合わせ」からお申込みください。