業務プロセスへの影響②

第30シリーズでは「収益認識基準と内部統制」について解説しています。
今回はシリーズ最終回「業務プロセスのへの影響」の後半についての説明をしていきます。

■コントロールへの影響
前回、コントロールについては以下の領域に分けて影響の有無を検討する必要があると触れました。
①受注時のコントロール
②出荷(サービス完了)のコントロール
③売上計上時のコントロール(基幹or会計)
④入金・債権管理のコントロール(基幹or会計)
今回はこれらのうち、①受注時、③売上計上時について具体的にみていきましょう。
(以下略)

===
図解メルマガをご覧になりたい方は、下記「お問い合わせ」からお申込みください。