リスクマネジメントのプロセス

こんにちは。会計士の樋口です。
今週から図解メルマガ「内部監査Q&A」の第29シリーズをお届けします。
第29シリーズでは「リスクマネジメントと内部監査」について解説します。

▽当シリーズのねらい
現代の企業は数多くのリスクにさらされており、リスク評価委員会を立ち上げたり、リスクマップを作成したりと各社はリスクの把握と対応に力を注ぐようになりました。
一方でこれらのリスクがあまりにも広範で多岐に及ぶため内部監査としてはどのように対応すればいいのかという相談を受けることがあります。
そこでリスクとして認識された事象からどのように内部監査のテーマを絞り込んでいけばいいのかについて理解を進めていきたいと考えます。

■企業における危機管理の重要性の増大
近年、企業においては「危機管理の重要性」が高まっており、「危機管理室」「リスクマネジメント委員会」を立ち上げる、強化するといった動きがあります。
このような取り組みが必要になった背景としては、企業を取り巻く環境の変化が一因と考えられます。
(以下略)

===
図解メルマガをご覧になりたい方は、下記「お問い合わせ」からお申込みください。